pan.owl

pan.owlについて

鵠沼の住宅街でちいさなパン教室をはじめました。
ここは湘南の海から少し離れた、でも時々海風が感じられる自然に囲まれたところです。私は小さいころ鵠沼に引っ越してきて社会人になるまでここで過ごしてきました。社会人になって都内に移り、結婚・出産を経て、数年前家族とともにここへ戻ってきました。
やっぱりこの空気が忘れられず。
ここに移ってきてから子育てが少し落ち着いてしばらく焼いていなかったパンを焼き始めるようになりました。そして周りの人たちに支えられながらなんとかパン教室を始めるととなりました。

私自身パン作りについてはどこかの専門の学校に通ったわけでも先生の免許を取ったわけでもありません。社会人時代、友だちに誘われてちょっとだけ通ったパン教室がきっかけでパンを作るようになり、その後試行錯誤でパンを作り続けて今日に至っています。なので、パンを作ることは基本の作り方やコツをマスターすれば、誰にでもできるものだと思っています。決して難しいことではありません。ぜひパンを作ったことがない方も、気軽にいらしていただけたら嬉しいです。

pan.owlのowlは英語の「ふくろう」からきています。
幸せを呼ぶ鳥と言われているふくろう。パンを作りながら少しでもしあわせな時間を過ごすことができたら。そしてカフェのようなのんびりとしたくつろげる空間をもったパン教室ができたら、と考えて名づけました。

pan.owlでは月ごとにメニューを変えてレッスンを行っています。メニューは月に1〜2種類ほど。月によって替わります。なるべく季節を感じられるようなパンを作っていけたら良いなと思っています。パンを作ったあとはできたての軽いランチをみなさまに楽しんでいただいています。

ぜひ皆様のお越しをお待ちしております。

pan.owl代表 浦野泉